規格化と互換性の遅れ

アメリカは大西洋にも振り向ける必要があったので、日米の戦力は量的にはほとんど互角であったと言える。しかし上げた戦果は比較にならないほど大差がついた。アメリカの艦艇に対して日本の潜水艦が上げた戦果はアメリカの戦果の五分の一にすぎず、輸送船や商船に至っては二十分の一であった。アメリカの潜水艦によって日本近海に設置された機雷による被害も加えれば、その差はもっと開く。日本の潜水艦は九割が失われたが、アメリカの損害はわずかであった。通商破壊戦の軽視という戦略の誤りを割り引いても、この差はあまりにも大きい。量だけでなく質でも日本は圧倒的に敗れたのである。


総力戦は大量生産と大量消費が理想的に実現する世界。もし総力戦研究所などの議論やレポートが質的な差にも言及していれば、国の方針を変えることは出来なかったにしても兵器の運用は少しは異なったものとなっていたに違いない。戦前の日本では、第三の科学革命の渦中でアメリカとイギリスの産業と技術が大きな質的な転換を遂げつつあったことへの認識が欠けていた。海軍の山本五十六大将は、アメリカ滞在中にフォードをはじめデトロイトの自動車工場を見学していたそうである。しかし、軍人である彼は、それが技術に新しい科学をもたらしつつあったことは知る由もなかったであろう。大量生産と大量消費の時代を経ているかいないかの差は大きい。ちなみに、総力戦こそ大量生産と大量消費が完全に実現する世界である。


大量生産を経験していない日本の技術は、アメリカやイギリスの技術に当時少なくとも30年は遅れていたと見るべきであろう。日本が追いつこうとしていた西欧技術も日本と劣らない速度で進歩していたのである。以下、具体的にこの問題を少し詳しく考えよう。戦前の日本の機械工業では、大量生産の前提である規格化が大きく遅れ、組み付けは仕上工の熟練にゆだねられていた。仕上工が、やすりなどの工具を使って部品の手直しと「すり合わせ」を行っていたのである。アメリカから技術を導入した企業の間で規格化を行って互換性を確立しようとする動きも起こるが、自分たちの出秉がなくなるのを恐れた仕上工が様々な形で抵抗し実効が上がらなかったようである。


これがそのまま戦力の差となって、最も基本的な武器である銃火器にあらわれた。日本の陸軍が太平洋戦争を通じて使っていた三八式歩兵銃は、職人が一挺ずつ部品を調整して作っていたので、部品の互換性が同一工場の製品の間にしかない。工作機械を使うことを除けば、織田信長の時代の鉄砲鍛冶と変わりない。銃の命中度は射撃の練度だけでなく、加工の精密さにも依存することは明らかである。熟練工が不足した戦争後期、このような半手工業的な方法によって製造された小銃が戦力に影響しなかったはずはない。イギリスやアメリカではすでに十九世紀初めからライフル銃やマスケット銃の部品完全互換製造が行われていたことはすでに述べた。日本は銃器の製法で百年以上の後れをとっていたことになる。


この遅れの背景には、労働集約型技術と資本集約型技術の相違がある。イギリスやアメリカでは産業革命以後の発達した工業力を支える労働力が慢性的に不足していただけでなく、精度のよい加工が出来る熟練工が不足していた。このことが規格化への強い圧力になり、同時に規格化を達成する工作機械の発達を促した。熟練工の層が厚く、熟練が安く簡単に手に入った日本では、工作機械の発達が英米に比べて遅れた。小銃だけでなく機関銃についても同様である。部品の互換性がないだけでなく、あるいはないからかもしれないが、日本では驚くほど多くの種類の機関銃(そのうちの口径の大きなものは機関砲とも呼ばれていた)を作っていた。







— posted by wgft at 06:27 pm